忍者ブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
『マンガ』は日本の文化です。宝です。私が読んで面白かったマンガを紹介します。
おすすめサイト
買い物するならやっぱりココ
最新コメント
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おすすめBlu-rayアニメ
2017年11月25日 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年12月18日 (Fri)
ボンボン坂高校演劇部

作者:高橋ゆたか




=あらすじ=

時計坂高校に入学した順菜正太郎は、

入学式の日に自転車で通りかかった日比野真琴に一目惚れする。

ある日、彼女らしき姿を追ってやってきたのは演劇部の部室であったが、

その人物は演劇部部長、徳大寺ヒロミ(男)の変装した姿であった。

そこで、正太郎は美男子好きのヒロミに目をつけられてしまい、

無理矢理演劇部に入部させられそうになる。

しかし、真琴も演劇部の部員であることを知った正太郎は、

演劇部への入部を決意する。

早速真琴にアタックを試みるも、

真琴をはじめとする演劇部員には

「正太郎とヒロミは愛し合っている」と誤解されていた。

正太郎の、前途多難な演劇部としての日々が始まる。


=感想=

まさにギャグマンガって感じの作品です

ただ絵がギャグマンガにしては

非常にきれいなのでギャグマンガの苦手な方にも

好感が持てる作品ではないかと思います。

実は、私はこの作者の剣客渋井柿之介

ほうを先に好きになってから

こっちを読み始めたんですが

ストーリーはコチラのほうがラブストーリー(軽い)があり

万人受けするかと思いこちらを紹介することにしました

是非一度ご購読ください。
◆ボンボン坂高校演劇部【全12巻】完結

PR
2009年08月19日 (Wed)




行け!稲中卓球部 [1~13全巻] 作者:古谷実





=あらすじ=

稲豊市立稲豊中学校、別名『稲中』が舞台
その稲中の男子卓球部員6人のお話である。
部員は、下品な行為で皆から馬鹿だと非難されている主人公・前野。
その前野と行動を共にする盟友であしたのジョーの矢吹丈をこよなく愛する・井沢ひろみ。
口数が少なく、幼く一見かわいく見える容姿だが、中身は前野や井沢より、とんでもなく卑劣な田中。
ハーフでワキガの「毒ガス王子」田辺。
男前でもてる副部長・木之下(あそこに毛がない悩みあり)
そんなみんなをまとめる部長・竹田(あそこがデカイ)
この6人が織り成す稲中卓球部を中心とした
学園生活は
今まで誰も見たことのないギャグの世界になっていく






=感想=
この作品をはじめて読んだ時は
下品な感じがしたが読めば読むほどおもしろい
ほぼ読みきりのようなストーリーなので
衝撃を受けるぐらいおもしろい回もあれば
う~んって回もあるが
相対して面白いと評価はできる作品です
私のお気に入りは
無口な別名『パンツ職人』こと田中です
印象に残っているのは
パンツ職人と名乗る回と
アル野望のために
おならを雨の日も風の日も
毎日休まずゴミ袋に溜め続けるというお話の回です
一度読むとハマルとは言えない
マンガですが
一度ハマルと抜けれなくなる作品です



こんなグッズもあるので
是非、あなたも稲中卓球部員の
一員としてハリキッってみては?



~その他のグッズ~









2009年06月18日 (Thu)
花の慶次 (1-18巻 全巻)

作者:隆慶一郎/絵:原哲夫






=あらすじ=

戦国時代に傾奇者として

豪快に生き抜いた

漢『前田慶次』の一生を描いた漫画





=感想=

このストーリーの主役である

傾奇者『前田慶次』を

この漫画で知った人は

多いと思う。

なぜなら私もそうだったからである

この歴史の教科書にも

名前が載っていない

漢の生き様は男子なら

誰でも惚れてしまうであろう

読んでない人は歴史の教科書ではなく

漢(男)の教科書として

読んで欲しい一冊である





おまけ関連グッズ



(全国送料無料)◇5種類セット◇ボタンを押すとサウンドが鳴る◇
 花の慶次斬 サウンドライタ-



(全国送料無料)花の慶次 斬 朱槍型 耳かき【6/22入荷予定分】
2009年06月09日 (Tue)
おおきく振りかぶって(1-11巻 続巻)

作者:ひぐちアサ






=あらすじ=

主人公の三橋廉(みはし れん)は中学時代、
野球部でエース投手だったが、
それは祖父の経営する学園だったので
チームメイトからは
「『ヒイキ』で
エースをやらせてもらっている」
と思われ、
いじめに近い扱いをされていた
そして性格が
極端に卑屈な暗い性格になってしまう。
それでも野球(投手)が好きだったので
同級生のいない隣の県の高校へと進学する。
そこの高校には発足したての野球部で、
部員は新入生ばかり10人、
しかも監督は若い女性という野球部だった。
部員不足の野球部で
三橋はまたもエースを任せられることになる

アニメ版----------------------------------

------------------------------------------------------------

=感想=

アニメを見てから

この漫画を読み出したが

野球ってこんなに考えながらするものなの?

ってゆーのが率直な意見だが

野球に詳しくなくても

丁寧に説明がされていて

メンタルな部分のトレーニングも多く

充分楽しめる作品だと思うので

いままでにないタイプの野球漫画な

ように感じる

また主人公の三橋がコントロールと

すこし癖球ってだけが取り得の

ピッチャーってのも

新鮮な感じがする

ただすごく考えながら試合を

するせいか、一試合が長い・・・

どれくらい長いかというと

スラムダンクの試合と

同じくらい長い(わかるかな・・・)

でも、それは別にしんどくなるとかではなく

早く次が読みたくなる

楽しみな気持ちが強い!!

ただこの『おおぶり』は

月刊アフタヌーンで月1回しか

一話がすすまないので

それはやっぱりイライラするかな・・・

だからまだ読んでない人は

オススメはイッキ読みです!!

それでもすぐに追いついてしまうが・・・

まぁ今後の期待は

西浦高校のメンバーが

どこまで勝ちあがれるかと

新入生が入ってきたら

三橋はエースを

続けていけるのだろうか・・・

また監督が女性というところの

ヒミツも今後明かされていくみたいだ
↓(監督)


まぁまだ連載中なので期待を裏切らない(下に)

カタチで終わることを祈ってます♪




2009年06月07日 (Sun)
鋼の錬金術師

=あらすじ=
科学が進歩する代わりに
錬金術が進歩した世界の話です

幼き日に最愛の母親を亡くした
兄・エドワードと弟・アルフォンスのエルリック兄弟は、
錬金術で母親を生き返らせようと試みる

しかしそれは錬金術における最大の禁忌である、
「人体錬成」であった

そして、二人は錬成に失敗し、
エドワードは左脚を、
アルフォンスは身体を全てを失ってしまい
鎧の身体になってします。

そして二人は失った身体を取り戻すために旅に出る。



=感想=
この話はアニメから見はじめて
はまってしまったが
アニメ版と本ではストーリーや本質に
ズレがあった
まぁどちらもおもしろかったのだが
また、アニメが再開されたところを
考えるとマンガ版のストリーを
今回は追いかけていくのだと思う

話の内容が良く出来ていて
戦争とは何か?
人の弱い部分と強い部分を
垣間見れるシーンが数多くあり
考えさせられるマンガでもある

しかし、絵もストーリも上手く
ギャグシーンも多数あり
そんなに肩に力を入れて
読むようなマンガでもないので
読んでない人は一度は読んで欲しい
作品です。

全巻セット!【漫画】鋼の錬金術師 (1-22巻 最新巻)【著】荒川弘


1 2  →Next
憧れの大人買いするならココ♪
カウンター
P R
オススメ本Ⅱ
ブログ内検索
漫画を全巻買いたいナラ
人気漫画を 大人買い
まんが家になろう!!
マンガのしくみ

マンガのしくみ

¥3,150(税込)


オススメ広告コーナー
貼るだけで収入が入る
↓うれしい♪広告
アフィリエイト

古本でマンガを全巻そろえるなら
古本の漫画セット専門店



全巻コミック.com
おすすめマンガDVD
貼るだけ広告
スポンサーサイト

~2012/0/0